Epiphone Sheraton-II PRO

このギターを買う前にカジノクーペを持っていたのですが、ペグがチャチいし、どうも自分に合わなくて、エピフォンのギターはダメなのかな?と思っていたのですが、もう一度だけと思いシェラトンを購入したら、こちらのほうはドンピシャで凄く良かった。相性ってあるんですよね。

Fender Stratcaster

自分としては初めてのメイプル指板。今までずっとローズウッドしか弾いてこなかったので、どうなのかと思ったが、全く違和感が無かった。真っ白で味気ないのでピックガードを交換し、後はアームのスプリングも交換した。何故か生音が大きい。スプリングを交換する前からだからボディの差なのかな。

Feader Japan Stratcaster Left-handed

フェンダージャパンの左利き用ギターに逆に弦を張って右用として使用しています。これもスプリングは変えたかな。ブライトっていうかストラトらしい音がすると思う。何故かアームの効きがいいなと思っていたら、上のストラトよりもアームが少しだけ長かった。同じ長さのアームバーを探しているのですが、未だに見つからず。

Fender Japan Telecaster

何気に初めてのテレキャスターだったのだが、テレキャスのジャックの仕様があんなにアバウトなものだとは露知らず、てっきり不良品かと思った。音のほうはリアPUがパワフルという評判を聞いていたが、思っていたほどではなかった。逆にフロントPUの慎ましい音が好みかな。

Kawai moonsault

およそ40年もののギター、河合のムーンサルト。渋谷の河合楽器で購入した。とにかく座って弾くにはバランスが悪すぎる。しかも、このタイプは廉価版でブースター内臓ではない為か、ボディとヘッドのバランスが悪く、立って弾いていてもどんどんヘッドが下がってきてしまう。音のほうはこれていった特徴の無いハムバッキングサウンドかな。

Kraken Guitar

全然、未知のギターだったのだが、カラーリングとケーラーアームに惹かれて購入した。最初の頃はケーラーが楽しくてよく弾いていたが、ケーラーユニットの調整法がよく分からず、そのうちなんだか音のビビリが出てきたので、それ以降疎遠になった。

Tokai SG

トーカイのSGタイプモデルなんだが、ネットで中古で販売されていて、見つけて即決購入。軽いし、ネックも手に合って弾き易いし、これはアタリでしたね。一時期はこればかり弾いていたな。

BLade JM-4

御茶ノ水のイシバシ楽器に吊るしで置いてあったものに一目ぼれして購入した。当時の自分に取っては高額だったこともあり、御茶ノ水の坂を何往復もして悩んだ。デザインが良かったのだが、今考えるとネックも握り難いし、スイッチ類がいったいどう作動しているのかも不明。音もちょっとショボかったかな。