Gibson SG Faded 2016

ハードオフで中古で購入したが、ボディとネック以外は購入時とは全く違うギターになる。まずはビグスビーのB5を加工いらずのビブラメイトを使って装着し、ペグもゴトーのマグナムロックトラッドに付け替えた。ピックアップはeBayで無名ブランドのものをセレクト。ブリッジ側がアルニコⅤでネック側がアルニコⅡ。そして基盤型サーキットだったので、それを外し、ポットはすべてCTS500Aにし、コンデンサはマロリーの0.022uFに、ジャックはスイッチクラフトに変えた。ノブもシルバーのハットノブに変えたな。音は少し薄っぺらい。ボディがマホガニーなのだから、もう少し甘めの音かと思っていたら、シャラシャラした音。 ピックアップを考え直したほうがいいかもしれないな。

Epiphone Sheraton-II PRO

このギターを買う前にカジノクーペを持っていたのですが、ペグがチャチいし、どうも自分に合わなくて、エピフォンのギターはダメなのかな?と思っていたのですが、もう一度だけと思いシェラトンを購入したら、こちらのほうはドンピシャで凄く良かった。相性ってあるんですよね。セミアコって生音でもそこそこ鳴るし、一台は持っておきたいですよね。このギターは全くの無改造です。というか、この手のギターってポットの交換とかどうやるんでしょうね?

Fender Stratcaster

メキシコ製のストラトキャスター。自分としては初めてのメイプル指板。今までずっとローズウッドしか弾いてこなかったので、どうなのかと思ったが、全く違和感は無かった。ピックアップをロシアの小さな工房アレクサンダー・プリボラのホット・カスタムに、ポットをCTSの250Kに、ジャックをスイッチクラフトに、コンデンサーはヒグチ電子の0.047uFに交換した。ボリュームポットにメルカリで買ったトレブルブリードも付けたかな。更にアームのスプリングをRawVintageに、ペグをフェンダー純正のロックペグに変えた。ちなみに配線は1V1Tで余ったもうひとつのポットはブレンダー配線にしたつもりなんだが、機能していないみたいね。音は買ったそのままの時よりストラトっぽくなった気がする。なんだか純正のピックアップは安っぽいルックスの割りにゲインがあって、ストラトっぽくなかったんですよね。

Feader Japan Stratcaster Left-handed

相当昔に、お茶の水のシモクラセカンドハンズで買ったフェンダージャパンの左利き用ギターに逆に弦を張って右用として使用しています。Eシリアルだから評判の良いフジゲン製だと思う。これもスプリングはRawVintageに変えた。ブライトっていうかストラトらしい音がすると思う。何故かアームの効きがいいなと思っていたら、上のストラトよりもアームが少しだけ長かった。同じ長さのアームバーを探しているのですが、未だに見つからず。ピックアップをアレクサンダー・プリボラのVoodooに交換し、ポットはCTS250KAにジャックはスイッチクラフトに交換。コンデンサはビタミンQの0.047uFを付けていたが、配線直しの際に針金を切ってしまい、ヒグチ電子のものに変えた。

Fender MIJ Telecaster

何気に初めてのテレキャスターだったのだが、テレキャスのジャックの仕様があんなにアバウトなものだとは露知らず、てっきり不良品なのかと思った。ということで、ジャックカバーをネジで留めて外れない形式のものに交換、ついでにジャック本体もスイッチクラフトに。音のほうはリアPUがパワフルという評判を聞いていたが、思っていたほどではなかった。結局、最近はまっているアレクサンダー・プリボラのブルース・クラシックに付け替えた。ポットはボリュームだけCTS1KΩAに付け替え、トーンポットはそのまま。さらにEMERSONのハイパスコンデンサー/スムーステーパーも追加した。トーンのコンデンサはヒグチ電子の0.047uF。

Kawai moonsault

およそ40年もののギター、河合のムーンサルト。渋谷の河合楽器で購入した。とにかく座って弾くにはバランスが悪すぎる。しかも、このタイプは廉価版でブースター内臓ではない為か、ボディとヘッドのバランスが悪く、立って弾いていてもどんどんヘッドが下がってきてしまう。音のほうはこれていった特徴の無いハムバッキングサウンドかな。これは買ったままです。もうそろそろ電装系をメンテしないとダメかしら。

Kraken Guitar

全然、未知のギターだったのだが、カラーリングとケーラーアームに惹かれて購入した。最初の頃はケーラーが楽しくてよく弾いていたが、ケーラーユニットの調整法がよく分からず、そのうちなんだか音のビビリが出てきたので、それ以降疎遠になった。これも買ったままですね。ルックスもいいし、なんだか各パーツ類はいいものを使っているようなのですが、何かが足りないような気がする。仏作って魂入れずみたいな。

Tokai SG

トーカイのSGタイプモデルなんだが、ネットで中古で販売されていて、とても安かったので見つけて即決購入。軽いし、ネックも手に合って弾き易いし、これはアタリでしたね。一時期はこればかり弾いていたな。穴をぐりぐりとインチ幅まで広げ、ジャックをスイッチクラフトに。ポットをCTS500Aに付け替え、コンデンサはマロリー。ピックアップはeBayで買った、おフランス製のホワイトカバードノイズレスピックアップ。なんだかルックスが微妙になったが、弾きやすく音も好みなので相変わらず手にする事が多いかしら。

BLade JM-4

御茶ノ水のイシバシ楽器に吊るしで置いてあったものに一目ぼれして購入した。当時の自分に取っては高額だったこともあり、御茶ノ水の坂を何往復もして悩んだ。デザインが良かったのだが、今考えるとネックも握り難いし、スイッチ類がいったいどう作動しているのかも不明。ジャックがヘタって音が切れるのでスイッチクラフトに換え、コンデンサをロシア製のオイルコンデンサに変えた。他にもトーンポッドをCTSの500Bに。あとはメタルノブが堅かったのでスピードノブに変えた。アームが見つからなかった為、wilkinsonのものを買った。スプリングもRawVintageに変えたな。

Tokai MAT

ネックがカーボングラスファイバー製という珍しいギター。フェンダージャパンのストラトに付いていたピックアップをこちらに移管したが、なんだかイマイチなので更に換えるかも。ポットもCTS製250K、ジャックもスイッチクラフトに。コンデンサはオレンジドロップ0.047uFに変え、アームのスプリングはRawVintageに付け替えた。アームユニットが変えたくて思案中だが、2点止めなのでどうしたものか。

Tokai Talbo

もとは3Sのタルボ。それはそれで良かったのだが、結局シングルコイルサイズのハムバッカーに変更した。ネックとセンターは余っていたESPのPowerRail、ブリッジはメルカリで買ったセイモアダンカンのHotRailに。もしかしたらブリッジとネックを入れ替えるかも。ポットをCTSの500に、ジャックをスイッチクラフトに交換。コンデンサはオレンジドロップの0.022uF。ペグはゴトーのマグナムロックに変えた。マグナムロックトラッドにすればよかったと少し後悔する。

Tokai ALS62

ネットでカラーリングに一目ぼれして購入したが、あっという間に見た目を変えた。すべてゴールドパーツだったのだが、ピックアップをセラミック製のLaceというピックアップに交換し、配色バランスが悪くなったので、結局ブリッジもテールピースもクローム変えた。ふたつともGOTOH製でテールピースはアルミのもの。ストラップピンもクロームに変えた。ポットはCTS500Aに変え、コンデンサはヒグチ電子に。ジャックはスイッチクラフト製。ペグはメルカリでゴトーのマグナムロックを買って、それをつけた。

Fender MIJ Hybrid II Telecaster

カラーリングに一目惚れして購入したはいいものの、トラブル続きな個体だった。まず、ネック側ピックアップの不調でプラグインのたびにゲインが上がったり下がったり。当初、原因が分からず、ジャックからスイッチ、ポットとすべてのパーツを確認し、最後の最後に原因が判明し、結局、アレクサンダー・プリボラのクリームテレに置き換えるハメになった。作業のために付け替えたパーツを又戻すのも癪なので、そのままVポットはCTS1MΩのAカーブに、さらにトレブルブリードをかました。トーンのコンデンサはヒグチ電子の0.047uFに。その後に気になったのはローフレットでのビビリだ。なにせ新品だし、開放弦でビビらないのだからナットの可能性は低いという事で、人生初、トラスロッドを弄る。しかも45度回しただけでは効果が無かった為、結局90度回した。こういうのをハズレを引いたというんだろうな。今まで見てくれだけでギターを買ってきたが、見てくれだけではダメだという事を思い知らされた。