ギターを弾き始めてから、かれこれ40年経ちます。

一向に上達の気配が見れないのは、やはり才能が無いからでしょうかね。

自分が思う至高のギタリストはゲイリー・ムーアですね。

ギター、特にロック系のギタリストに関して言えば、早く弾けるという事がマストな訳ですが、少なくとも、その手のギタリストを自分が聴くと、線の細さが気になってしまいます。

線が細いと書くとイメージが悪いので、別の言い方をすると繊細っぽいというか。

カリスマ的な人気のインギーやヴァイにしても、同じ事を感じますね。

ゲイリー・ムーアに関しては、暴力的とも言えるほどパワフルにパッセージを紡ぐのに早いんですよね。

あれは驚異的だったな。

さらにチョーキングビブラートも大きく、所謂泣きのギターでも天下一品ですからね。

惜しむらくは、ファッションセンスも含め、ルックスがイマイチだということでしょうか。

彼って色々なギターを使用し、色々なジャンルの音楽で弾きまくっていたけど、そのジャンルで最高のプレイが出来るのが凄いなと。

ポテンシャルが高く、排気量もあるので、まだまだ余裕があるように見える。

個人的に彼の好きな演奏は、ドラマーのコージー・パウエルのアルバムで客演した「Killer」かな。

中盤のギターソロも凄いんですが、テーマをシンセのドン・エイリーとの掛け合いで弾く箇所が格好いいんですよね。

後半、ブルージーにギターを唸らせまくるところも凄いです。

凄すぎて、彼のギターは全然コピーが出来ないんですがね。

それが憧れってもんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です