自分は多少ギターを弾くのだが、知っている人は知っているが、昔からフェンダーとギブソンという2大メーカー製ギターが、その業界での2大巨頭なわけです。

一応書いておきますが、フェンダーのフラッグシップがストラトキャスター、ギブソンがレス・ポールですね。

ギターに詳しくない人でも、そのルックスは何処かで見たことがあるはず。

それくらいポピュラーなギターです。

同じギターという楽器でも、その仕様や音は随分と異なり、それぞれにストラトじゃなきゃ、レス・ポール最高みたいなマニアがいらっしゃいます。

自分個人的にはストラト派で、今現在3本のストラトキャスターを所持しているのですが、最近レス・ポールが気になってしょうがない。

レス・ポールを一本持っていてもいいかななんて思っていたりする。

実はグレコのレス・ポールモデルを大昔に質屋で購入した事があるのだが、あまり弾かないうちに次にストラトを手に入れてしまい、次第に埃を被る様になり、先日、やっとメルカリで手放したところなのです。

で、いざ無くなると寂しくて欲しくなるのが、ボクの悪いクセ。

同じくメルカリで物色をしているのですが、今年に入って4本のギターを処分し、今現在8本のギターを所持、ということは12本も持っていたのか。

やっと少し減ってきたところに、また買う気なのか?と、さすがに少し躊躇しています。

といいつつ、毎日ネットで中古ギターの情報を調べている。

懲りない男、それが自分だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です