自分も過去にジュニアアイドル雑誌の製作に関わっていたことから、まんざら全く関係が無いわけでもない話で。

雨後のタケノコのようにアイドルユニットが生まれては消え、生まれては消えしていた頃から、自分としてはちょっと腑に落ちないことがあった。

彼女ら、彼らは果たしてアイドルなのか。

自分がティーンエイジャーの頃、見聞きしていたアイドルという方々は、決してアイドルを目指していたわけでは無かった。

歌手や女優、俳優などを目指して仕事を始め、結果、ファンからアイドル視されていたという存在なだけだった。

ただそれだけ。

結論。

アイドルは職業や職種、ジャンルではなく概念だ。

アイドルとは他者からそう呼ばれるものであって、自分から名乗るものではない。

今のアイドルは「アイドル」という職種としてのみ存在し、そしてまた、それは決してアイドルではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です