大滝さんのファーストに入っている曲のタイトルではない。

自分はそこそこ貧乏な家に育っており、贅沢といえる贅沢をした記憶が無い。

まあ、光熱費を払えなくなるほどの貧乏ではなかったのだが、所謂エンゲル係数の高い家庭だったというのが正しい言い方か。

で、あまり、金も手間暇も掛からない料理がご馳走だったりした。

ここらへん、おふくろは苦心したであろう。

それらを紹介してみよう。

まずは大根おろしにシャケ缶を乗せ、醤油をかけたもの。

これはご馳走だった。

家庭内ではシャケ缶パーティーと呼んでいた。

よく、シャケ缶に入っている骨を妹と取り合いしていたものです。

次は、コロッケの卵とじ。

古くなったコロッケを油を敷かずにフライパンで焼いて、程よいところで卵を割って落とし、そのままぐちゃぐちゃと。

仕上げにソースをかけて出来上がり。

見た目は汚らしいが味はいけてると思う。

自分は未だに弁当のおかずに作ったりする。

お次はソーセージ卵。

魚肉ソーセージを輪切りにし、溶き卵に軽く塩コショウを振って、油を敷いたフライパンで一緒に焼く。

このとき、スクランブルエッグ風ではなく、卵をフライパンに広げて敷き詰める感じで薄く焼くんですよね。

これまた、未だに食卓に上がる一品です。

最後はバタかけご飯。

熱々ご飯の真ん中に適量のバターをねじ込んで、上からこれまた適量の醤油をかけ、まぜておしまい。

子供の頃、本当に何も無いときの最終手段だったのだが、意外といけると思う。

日本的なお米の感覚からすると変かもしれないが、お米を食べるのは日本だけではないからね。

まあ、よく考えれば、ガーリックライスのガーリック抜きみたいなものだし。

以上、我が家のびんぼう料理でございました。

お粗末。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です