音楽に限っての話です。

昔、ロンバケがブームになった後、大滝さんの作品に所謂パクリ云々という話題がございました。

まあ、有名税と言いますか、それだけブームになっていた証拠だとも思うんですが。

で、当のご本人、その事を面と向かって指摘された際、あっさりと指摘を認めたうえ、他にも30曲近いモチーフが盛り込まれているのですが、あなたに分かったのはそのひとつだけだったんですね?と、逆に問い詰めたそうで。

言葉の表現は多少差異があるとは思うが、上の文章で凡そ意味はあっていたと思うが、こんなことを言われたならグウの音も出ないな。

したり顔で音楽通を気取って問い詰めたら、あっさりと逆襲ってわけで。

30曲というのは氏が多少風呂敷を広げていた可能性もあるが、それに近いものはあったのでしょうね。

氏のオールディーズ好きはファンの間では有名でしたが、聴く音楽はある意味雑食性のビニールジャンキーで、ザッパまで好んで聞いていたらしいですからね。

でもまあ、氏の音楽を司る柱といえば、スペクター、ジョー・ミーク辺りでしょうね。

君は天然色のキメなんかはロイ・ウッドそのものだったりしますので、そこらへんの(氏の時代としては)新しいミュージシャンもよくチェックしていたんでしょうね。

全てのオリジナルは模倣から始まる、なんてな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です