今日にも緊急事態宣言が出るらしいですね。

出したり引っ込めたりと忙しいですな。

こういう中途半端な措置が事態を長引かせるんだろうな。

いったい、この騒動が始まってからどれくらいの日数が経っているのか。

いったい今の今まで何を学んできたのか。

行政に携わる人たちに問うてみたいものです。

思うに、目をつけるところが違うのではないか。

主たる感染が飛沫感染なんですよね。

それなら単純明快、集まって喋るな、これだけでしょう。

食事、飲酒などは二次的なもので、それに伴って集まって騒ぐから良くないので、食事や飲酒をどんどんとして頂いて構わないんです。

但し一人で。

もしくは最小人数で。

飲み屋だって、吉田類さんの酒場放浪記みたいに、一人で居酒屋へ入ってそこの大将と注文に際して喋るくらいなら、さほど問題は無いと思うんです。

大勢集まって口角泡を飛ばすなって言っているんですわ。

そう考えれば、必然と対策は見えてくると思うんですが。

あと、濃厚接触が必然な性風俗産業とかですかね。

以前から、経路不明の感染が性風俗なんじゃないかって言われていましたものね。

でも、それらって、そもそもアンダーグラウンドなものも多いから、こちらは制限は難しいかもね。

こういう危機時にこそ、為政者の能力が試されるのですが、何を考えているのか外遊に出てしまったり、また帰国時に隔離期間を設けていなかったようですし、どこか他人事のようですな。

我が国はもはや脳死状態か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です