昨晩、BSで映画ボヘミアン・ラプソディが放送していたので、最初の1時間は鑑賞、その後はザッピングしつつ鑑賞した。

いやなに、裏で相棒の再放送もやっていて、小日向さんや高橋一生さんが出演の、自分の好きな作品だったもので。

中高とクイーンを聴いていた自分の率直な感想ですが、主役の人、歌がフレディに瓜二つですね。

曲によってはあれ?っと思う曲もあったが、最初のほうはフレディの歌が流れているのかと思ったほど。

ちなみに、あの出っ歯は差し歯かしら?

リアルにあの歯だったら俳優になれないもんね。

音楽自体は本当に素晴らしいが、映画作品としてはストーリーが汎用な感じで、いまいち盛り上がりには欠けましたね。

時系列でおや?と思わせる箇所もいくつか。

デビューアルバムで、セカンド収録の輝ける七つの海を演奏していたりね。

クイーンファンであるマイク・マイヤーズ扮するEMIの重役が、悪役っぽく表現されていましたけど、初期の悪徳マネージャー?のキャラは出ましたっけ?

名曲(迷曲)デス・オン・トゥー・レッグスのモデルになった人なんですがね。

リアル過ぎてマズかった?

後は、初期のクイーンと日本の関係は?

本国で大した人気じゃない頃、来日したらビートルズかと思うほど歓迎されびっくりしたという、あの話ですが。

ありませんでしたよね。

ということで、音楽とそれに絡むシーンは最高でしたが、純粋に映画として考えると60点くらいかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です