いや、わんぱくでは済まされない状況になっております。

少し違和感があったのは、当時のサブカル事情として、不良自慢、鬼畜自慢が認められていた的な風潮がありみたいな記述が、どこかのネットのニュースであったのだが、そんな風潮あったのか?

自分は所謂サブカル嫌いで、ピチカートもカジも音楽としては好きだが、サブカル好きと呼ばれるのが嫌なので友人内でも公言はしなかったクチである。

そもさん、ピチカートが好きだったのは佐々木麻美子~田島貴男ラインまでで、野宮さんになってからはさほど聴いてはいない。

野宮さんはやはりポタロク時代でしょう。

渋谷系というよりはニューウエィブ志向だったのかしら。

というか、昨日になって当時のインタビュアー/現編集長も謝罪文を発していたが、音楽の雑誌でしょう?

なんで、学生時代にイジメをしていたオレ、カッケーみたいな論調の記事を載せたのかさっぱり分からん。

その事実が今の彼の音楽性にこのような影響を及ぼしたのだ的な流れまで話を突き詰めたのか?

そこらへん不明なので論評は出来かねるが、まあお世辞にも褒められたことじゃない。

さてこれ、どうする?

あと数日なので放って置いても構わないと踏んでいるようですが、ニュースが海外まで打電され、オリンはまだしもパラリンはボイコットする選手とか出てくるんじゃないかしら。

つくづく呪われているよな。

いや、関係者総じて自業自得ってやつか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です