新型コロナのおかげで、すっかりデブ症、いや出不精になってしまったが、よく考えれば、いやよく考えなくても元々旅行などは好きでもなかったし、外食をするくらいなら自炊、ネーチャンのいる飲み屋に行くくらいなら部屋で晩酌というタイプの人間だった。

あまり変わらないかと思うとそうでもなく、辛いのはマスクだ。

人とまず会わないであろう田舎道などではマスク無しではあるが、さすがに人が多い駅前や店舗に入る際にはマスクを付ける。

他の人はどうかは知らないが、個人的にはそれが苦痛だ。

元よりパニック障害持ちで、呼吸が浅い傾向があるので、マスクを付けると息苦しい事この上ない。

しかも長時間付けていると頭も痛くなってくる。

頭の痛い問題だ。

最近、また新しい変異株が発生し、感染者数がジリジリと増えてきているが、いったいいつになったらマスク無しの生活に戻れるのやら。

弱毒化し、インフルエンザ程度の脅威に留まるのであれば、マスク着用の同調圧力はもういい加減勘弁して欲しいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です