フォトグラファーという仕事は今や斜陽な職業である。

なんせ、一昔前には相当高額だったデジタルカメラ程度の画質なら、スマホ搭載のカメラが簡単に凌駕してくれる。

難しいスキルは何もいらない。

ただ押すだけ。

昔は、露出計を計ってシャッタースピードと絞りの関係を理解してカメラの設定をしなければならなかった。

これはAE技術が投入された際に解消された。

ピントをスピーディに、かつ正確に合わせられるか合わせられないかというのも最重要な技術のひとつだった。

しかしこれもAFが導入され、視力の悪い人でも写真が楽しめるくらいに解消された。

これらは技術の問題ではあるが、撮影者のセンスが問われるのはシャッターチャンスと、フレーミングである。

しかし、これまたデジタル化のため、シャッターはカット数を気にする事も無く電池が切れるまで連写が出来るし、フレーミングも撮影後にいくらでもトリミング出来るし、なんなら色味の変更やシャープ、ぼかし等のエフェクトも楽々だ。

フォトグラファーという職種に未来はあるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。