先日、ロシア製のピックアップをeBayで購入し、ストラトのピックアップ交換をしたら良い感じだったので、図に乗って更に2セットのピックアップを購入したんですね。

今、ロシア税関辺りとのことなので、月末までには届くであろう。

2セットの内訳はストラト用のものとテレキャス用のもの。

アッセンブリの外れたトーカイのストラトも眠っているし、タルボにつけたハムバッカーが出力がありすぎて違和感があるので、それと付け替えでタルボにつけてもいいかなと。

テレキャスは、ジャックのガタが気になるので、それを付け直したくてしょうがなかったんですが、その際に一緒にピックアップも換えてしまおうかと。

別に純正のピックアップに何も不満は無いのですが。

そして昨日、その改造熱がとどまる事無く、CTSポットやコンデンサなどを数点ポチっとな。

いや元々は先述のテレキャスのジャックが買い物カゴに入っていたのですが、楽器屋さんのサイトを覗いていたら、あれよあれよとカゴに入れていってしまいこの始末。

コンデンサなどを交換しても、その違いが分かるような確かな耳を持っているかどうかは我ながら不明だが、一応試してみたいなじゃない。

でも、パーツ購入後、テレキャスのアッセンブリを確認したら、ちゃんとCTSポットだったし、ハイパス用コンデンサも付いていたんですがね。

こりゃ、ストラトやタルボ行きかしら。

タルボにテレキャス式アッセンブリ処理を施すって、意味が分からんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です