インターネット黎明期には、ネットの情報は玉石混交みたいな事をよく言われていたのですが、それは今も変わらないという事で、ファイナルアンサーかしら。

でも、ネットの無い昔から、メディアや出版は元より、この社会が虚実入り混じっていたことは後から知られるとおりで。

息を吐くように嘘をつく落合信彦みたいな御仁が、有り難がられてコマーシャルにまで出ていた時代もあったくらいで。

そういえば、彼の息子も少し前くらいからメディアに顔を出してきているが、いったい何者なのだろう。

YouTube発信で人気が出たミュージシャンみたいな風体をしているので、最初アーティストなのかと思っていたらそうでもないみたいですね。

彼の発言をメディアなどで聞いても全く理解が出来ない自分がいるのですが、これは自分の知能指数の問題なのか。

個人的に、頭の良い人間、所謂出来る人というのは、オツムの弱い人間にも分かるように内容を租借して話すような人だと思うのです。

その意味で言うと以前、経歴詐称で叩かれて表舞台から姿を消したショーンKさんなどは、話自体は真っ当な事しか言わないし、またバカでも分かるように話をされていたので好感が持てたんですけどね。

え!実際に彼が知能が低いからじゃないかって?

そりゃ考えが及ばなかった。

まあ、何が言いたいかというとだ。

とどのつまり、人様のいう事をあまり真に受けるなよと。

物事は話半分に聞いておくのがよろしい。

これ、自分のことも含む。

お粗末でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です