狂気は傑作だよね。

未だに聴く事がある。

The wallも良いけど、ちょっと長く冗長なんですよね。

フロイドはプログレと称されることが多いんだけど、イエス、クリムソなどと比較すると、全く音楽性が異なるよね。

プログレの演者に必要不可欠と思われている、所謂テクニカルなスキルがあまり見られない。

フォークロックっぽい楽曲も多い。

プログレ然として見られるのは、やはりテーマの選び方と極端なリバーブエコーかしらね。

あのエフェクト効果無しのフロイドって想像ができないもの。

元は天才シド・バレットのワンマンバンドだったが、デビューと同時くらいにシドがLSDで壊れちゃって、移行はデイブ・ギルモアとロジャー・ウォータースの両輪でバンドを回していたのだが、その後、ロジャーのワンマンぶりが酷くなって空中分解したんだっけ。

再結成とかも何度かしているかしら。

あちらの方々は意外とビジネスライクな再結成をするよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。